千葉真一さんがコロナワクチンを摂取しなかった理由は?82歳で感染し永眠

 2021年8月20日に俳優の千葉真一さんが、コロナウイルス感染により同年8月19日になくなっていた事が判明しました。

 それに伴い、息子の新田真剣佑さん、眞栄田郷敦さん、娘の真瀬樹里さんがコメントをされていました。

 この千葉真一さんに関するニュースにて、千葉さんが高齢ながらコロナウイルスワクチンを接種していなかったことも報じられました。

 それを知った人たちからは、

  • 千葉真一さんってなんでワクチン接種しなかったのかな
  • 千葉さん高齢だったのにワクチン接種しなかったんだ
  • コロナワクチン打ってたら千葉さん助かってたのかな

 などと千葉真一さんがなぜコロナワクチンを接種しなかったのか疑問に思ってる方が多くいらっしゃいました。

 そこで今回は千葉真一さんがなぜ高齢ながらワクチン接種をしなかったのかについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

俳優・千葉真一さんが82歳で永眠

 2021年8月19日に俳優として活躍されていた千葉真一さんが、コロナウイルスに感染し82歳で永眠されたことが明らかになりました。

所属事務所によると、千葉は7月末に新型コロナウイルスに感染。自宅療養をしていたが、数日経っても体調が改善せず、知人のつてで8月8日から千葉県内の病院に入院していた。しかし肺炎の症状が悪化し、酸素吸入を続けた末、19日の17時26分に永眠した。

Yahoo!ニュースより

 また、娘の真瀬樹里さんは、少し前に千葉真一さんの元気な声を聞いていたそうで、突然のことに実感がないとコメントされていました。

 では、なぜ高齢者に対するコロナワクチン接種が開始されていたにもかかわらず、千葉真一さんはワクチン接種をしなかったのでしょうか。

スポンサーリンク

千葉真一さんがコロナワクチンを接種しなかった理由は?

Twitterより

 1959年から俳優として芸能活動をしており、アクション俳優として有名な千葉真一さんが2021年8月19日に亡くなりました。

 亡くなった原因は、新型コロナウイルス感染による肺炎ということが明らかになっています。

 新型コロナウイルスに対するワクチンの接種が始まり、接種対象者であったのにもかかわらずワクチンをなぜ打たなかったのでしょうか。

ワクチンを接種しなかった理由は”元気だったから”

 千葉真一さんは1939年1月22日に生まれ、2021年には82歳の誕生日を迎えていました。

 社会的に高齢者に分類される年齢だったのにも関わらず、ワクチンを打たなかった理由は、

  • 持病を持っていなかったから
  • タバコを吸っていなかったから
  • 現状、元気だったから

 ということが言われています。

 本人は持病がなかったとおっしゃっていたそうですが、NHK大河ドラマ「風林火山」の撮影時に喘息の症状があったことが明らかになっています。

アクション俳優として活躍されていたこともあり、体力に自身があったのかもしれませんね。

千葉真一さんは酸素吸入器を外してしまったことも

 サンケイスポーツによると、千葉真一さんは入院治療中に装着していた酸素吸入器を、息苦しいとして外してしまったこともあるそうです。

 健康体であまり病気の治療に慣れていなかったことから、器具を装着されることに違和感があったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

千葉真一さんがワクチン接種をしなかったことを知った人たちの反応

 俳優の千葉真一さんがワクチン接種をしていなかったことを知った人たちの反応をまとめてみました。

 ワクチン接種はあくまで個人の判断で、強要するものではないとされているものの、俳優として素晴らしい活躍をされていた千葉真一さんが亡くなったことに対して「接種していれば・・・」と惜しむ声が多くありました。

 日本ではまだ死亡事例は確認されていませんが、世界的に見るとワクチン接種後に後遺症が残ってしまったという情報も出回っているので、「接種をしない」という選択をする人も一概に間違っているとは言えないのかもしれませんね。

スポンサーリンク

最後に:千葉真一さんがコロナワクチンを摂取しなかった理由は?82歳で感染し永眠

 今回は2021年8月19日にコロナウイルス感染により永眠された千葉真一さんが、ワクチンを接種しなかった理由について紹介していきました。

 接種しなかった理由としては以下の3つを挙げていたと千葉さんが所属していた事務所が発表しました。

  • 持病を持っていなかったから
  • タバコを吸っていなかったから
  • 現状、元気だったから

 アクション俳優として活躍されていたこともあり、自分の体力に自信があったのかもしれませんね。

 ご冥福をお祈り申し上げます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク