【ハトヤホテル】レトロで映えると話題!ホテルの画像、アクセスや口コミを紹介

 世界一受けたい授業で放送された伊藤温泉「ハトヤホテル」が、SNS映えすると話題になっています。

 今回はハトヤホテルの映える画像、アクセス方法や利用した方の口コミを紹介していきます。レトロということは、築年数が古い旅館なので、きれいかどうかは気になるところです。

スポンサーリンク

ハトヤホテルの映える画像

 SNS映えするハトヤホテルの画像を紹介していきます。実際に行ったときに、写真を撮る時の参考にしてみてもいいかもしれません!

画像①ドーム型の廊下

 ハトヤホテルと言ったらこの廊下を想像する方も多いのではないでしょうか。

 窓のデザインや、ドーム型が印象的で、異世界に迷い込んでしまったかのような感覚になりますね。照明もとてもオシャレです。

画像②ハトのイラストが可愛いバス

 伊東駅経由でむかうと、このバスに乗ることができるそうです。温泉に入っているハトのイラストが可愛くて、ホテル名のフォントもどこか懐かしい感じがしてとても可愛いです。

画像③赤い絨毯のうえにある不思議なイス

 赤いじゅうたんのうえにある不思議なイス。壁紙やじゅうたん、植物などふんいきすべてが昭和レトロな感じがしますね。

 レトロな洋服をきて、このイスに座りながら写真を撮ったら映えそうです!

画像④スリッパなどの小物

 スリッパやホテルの鍵など、小物もレトロ感があって映えます。特に、今はカード型のキーが主流となる中、部屋番号も記載してあるキーチェーンのついた鍵はめずらしいです!

スポンサーリンク

ハトヤホテルへのアクセスは?

 画像で見ていたとき、駅からバスが出ていることはわかりました。具体的にはどのようにアクセスするのでしょうか。

ホテル情報

ホテル名:ハトヤホテル
住  所:〒414−0055
     静岡県伊東市岡1391
チェックイン :15時
チェックアウト:10時

※日帰り入浴は不可です。

電車①東京方面から

・スーパービュー踊子号:東京→伊東1時間40分程度)

・特急踊り子号:東京→伊東(1時間50分程度)

・新幹線+JR伊東線:東京→熱海→伊東(1時間15分程度)

電車②大阪・名古屋方面から

・大阪

新幹線+JR伊東線:大阪→熱海→伊東(3時間40分程度)

・名古屋

新幹線+JR伊東線:名古屋→熱海→伊東(2時間40分程度)

伊東駅からは無料送迎バス

 伊東駅改札口を出て右手突き当たり、伊東駅交番手前付近に迎えにきてくれます。時間は以下の通りです。
12:30から17:00までは30分ごとに運行
最終便は、17:35です。

車 東京方面、名古屋方面

・東京方面から

 透明厚木インターから小田原厚木道路を利用して、石橋インターを利用(1時間30分程度)

・名古屋方面から

 東名沼津インターから伊豆中央(有料道路)・大仁を経由してホテルへ(1時間20分程度)

ハトヤホテルHPより
スポンサーリンク

ハトヤホテルの口コミは?

 レトロで話題のハトヤホテルですが、きれいなのかサービスはどんな感じなのか、気になりますよね。

 口コミを調べてみました。

部屋:エレベータが使えない部屋で、使えない説明がなかった。花火を見られたのは非常に満足。

夕食:密を避けるため時間制にしているのは分かるが、お刺身等にカバーがなく乾いてしまう。

朝食:仲居さんの中に、スカートの汚れている人がいた。

楽天トラベル 口コミ 2020年11月

レトロかわいいと評判とのことでしたが、その言葉通りのステキな老舗ホテルでした!

照明や看板、イスなどのインテリアは現代ではお目にかからないようなレトロお洒落であり、年代物でしょうがかなり手入れがされており大切に使われていることを感じました。

そして注目の連絡通路は半世紀前のSF映画の舞台のようで素晴らしいです。

温泉は掛け流しで食事も温泉宿ならではのメニューが多く充実してました。

最新のホテルでは味わえないワクワク感がハトヤさんにはあります。

楽天トラベル 口コミ 2020年10月

 レトロで物を大切にされているようですが、最近話題になって旅行客が増えたからか、サービスが行き届いていない部分もあるようですね。

 写真映えめあてで泊まるのには最適かもしれませんが、サービスまで求めてしまうと、懸念点がありそうです。

スポンサーリンク

さいごに

 今回は世界一受けたい授業で紹介された、レトロなホテル「ハトヤホテル」を紹介させていただきました。

 画像を見るだけでも、昭和に戻った感じがして落ち着きますね。サービスに関してはちょっと不満のある方もいらっしゃるようですが、安く泊まれて、写真映えもするホテルなら許容範囲でしょう。

 静岡に行く機会があれば、ぜひ利用してみたいホテルです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク