【2021格付け】ワインの当たり年は?入手方法や値段を紹介

2021年のお正月に放送された「芸能人格付けチェック」にて使用されたワイン「シャトー・ラフィット・ロートシルト」。

 1980年代ものは100万円する価値の高いものですが、2000年代のものはもう少し手頃に入手することができます。

そのワインの飲める場所や入手方法、値段を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

格付けワインの当たり年

 格付けで紹介されたワイン「シャトー・ラフィット・ロートシルト」の当たり年は以下の通りです。

  • 大当たり年:1982年、2000年、2005年、2009年、20210年、2015年、2016年
  • 当たり年 :1985年、1986年、1986年、1989年、1995年、1996年、2003年、2008年、2014年、2017年
  • 一般的な年:1983年、1988年、1994年、1998年、1999年、2001年、2002年、2004年、2006年、2007年、2011年、2012年
当たり年とは?

当たり年とは、気候が良くブドウがじゅうぶんに熟した年は、質の高いワインを作りやすい年のことです。
 ブドウ収穫年から10年から60年の間が飲みやすいと言われています。
※いいワインほど長期熟成にむく

スポンサーリンク

格付けワインの入手方法①楽天市場

 格付けで紹介されたワインは、楽天市場のアーベンワインショップにて入手することができます。

 2000年代ものから、格付けでも紹介された1980年代物まで買うことができます。

楽天市場で入手するにはこちらから

スポンサーリンク

格付けワイン入手方法②アマゾン

 格付けで紹介されたワインはアマゾンでも購入することができます。

楽天市場より安く、同年代のワインがそろえられています。しかし、当たり年のワインは少し高めなので注意が必要です。

アマゾンで入手するにはこちらから

スポンサーリンク

格付けワイン入手方法③Platinum-wine

オンラインでワインを取り扱っているサイト「Platinum-wine」にて格付けワインを購入することができます。

 こちらも当たり年のワインを購入することができます。紹介した入手方法で1番質のよいものがそろっています。

 また、どのワインも木箱にはいって届くので状態もキープされています。

 Platinum-wineで入手するにはこちらから

スポンサーリンク

格付けワインの値段

 格付けでは、1本100万円の価値があるとおっしゃっていましたが、実際はどのくらいで手に入れることができるのでしょうか。

  • 大当たり年のワイン:50万円前後
  • 当たり年のワイン :20万円前後
  • 一般的な年のワイン:10万円前後

一般的なワインは5万から8万円で手に入るものもあります。

一般的な年のワインでも、このワインならおいしく味わえそうですね!

スポンサーリンク

さいごに

 今回は芸能人格付け2021年にて使用されたワイン「シャトー・ラフィット・ロートシルト」について、当たり年や入手方法、値段について紹介しました。

 5大シャトーの中でもっともきめの細やかなワインと言われる「シャトー・ラフィット・ロートシルト」。

 年始に飲んだら景気よく一年をすごせそうですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク