木下雄介投手が27歳で死去した原因は?死因とコロナワクチンに関係はあるのか

 2021年8月3日に中日ドラゴンズに所属する木下雄介さんが、27歳という若さでなくなっていたことが明らかになりました。

 突然入ってきたニュースにファンの方からは、悲しみの声が上がっていました。

 また、まだ若く現役で活躍していたことや、コロナウイルスのワクチンを摂取した後に急に体調が変化したことから、

  • 木下雄介投手が亡くなったのってワクチンのせいかな
  • 木下雄介の死因って何
  • 木下投手…なんで亡くなったんだろう

 などと木下雄介さんの死因が気になるという方も多くいらっしゃいました。

 そこで今回は木下雄介さんがワクチンを打った後の環境などから死因を検証していきたいと思います。

スポンサーリンク

木下雄介投手の早すぎる死に疑問の声

 2021年8月6日に同月3日、中日ドラゴンズに所属するプロ野球選手・木下雄介さんが心不全のため亡くなったという訃報がありました。

7月6日の練習中に倒れて救急搬送されていた中日の木下雄介(きのした・ゆうすけ)投手(27)が死去していたことが5日、分かった。関係者によると、3日に亡くなったという。4年目の昨季にプロ初セーブを挙げ、さらなる飛躍を目指した今季は4月に右肩、右肘を手術。懸命にリハビリに励んでいたが、帰らぬ人となった。

Yahoo!ニュースより

 育成から這い上がり、ケガを乗り越えるなど苦労して頑張っていた選手なだけに、野球ファンからは疑問の声が上がっていました。

 それでは、木下雄介投手の死因について見ていきましょう。

スポンサーリンク

木下雄介投手が27歳で死去した原因は?

 2021年8月6日の早朝に突然入ってきた木下雄介さんの訃報に、驚いた方が多くいらっしゃいました。

Twitterより

 ニュースによると2021年7月6日の練習中に、息苦しさを訴えて救急搬送され、そのまま息を引き取ったということでした。

 では一体、木下雄介さんの死因はなんだったのでしょうか。

原因①コロナワクチン接種後の激しい運動

 木下雄介さんは2021年6月28日にコロナウイルスのワクチンを摂取しており、倒れたのはその8日後です。

 日本ではコロナワクチン摂取当日の激しい運動は避けるように促していますが、翌日からは特に禁止されていません。(コロナワクチンQ &A より)

 そのため、木下雄介さんは摂取後1週間経たずに激しい運動を伴う練習を再開していました

 日本では摂取当日しか激しい運動を控えるように促していませんが、シンガポールなどでは下記のように定められています。

シンガポールのコロナワクチン摂取規約

 ワクチン接種後に数名の若い男性が心筋炎などを発症したことを受けガイドラインを更新。
 接種から1週間は激しい運動を避けるよう勧告している。
(MAG2NEWSより)

 このことからコロナワクチン摂取後、ごく稀に心筋炎など心臓に問題が起こるリスクもあるとされていますね。

もしコロナワクチンが原因だとしたら、スポーツ選手のためにも日本の接種ガイドラインを見直してほしいです。

原因②気温28度以上での運動による熱中症

 木下さんが息苦しさを訴え救急搬送されたのは2021年6月28日で、ナゴヤドームにて練習をしていた時です。

 この日の名古屋の気温は、最高気温28度で、最低気温が21度となっており、熱中症を厳重警戒しなければならない28度を超えていました。

 プロの野球選手の練習であるため、熱中症には十分に気をつけていたと思いますが、可能性としては0ではありません。

ただ、一般的な熱中症の症状に呼吸困難というのはないので、原因①の可能性が高いかもしれませんね。

スポンサーリンク

木下雄介さんの訃報にファンからは悲しみの声

 2021年8月6日に突然知らされた木下雄介さんの訃報に、朝からショックを受けるファンが多くいらっしゃいました。

 まさにこれからの未来が期待される若い選手だったので、今回のニュースはファンにとっても胸が痛むものでした。

 ファンからたくさんの愛情を注がれていた選手だったのですね。

 これからが期待されていただけに、とても残念な気持ちでいっぱいです。

スポンサーリンク

最後に:木下雄介投手が27歳で死去した原因は?死因とコロナワクチンに関係はあるのか

 今回は2021年8月6日の早朝に報じられた、中日ドラゴンズに所属する木下雄介選手の死因について調べていきました。

 明確な死因は発表されていませんが、コロナワクチン接種後の激しい運動との関係がありそうだということがわかりました。

 今後のスポーツ選手や、ファクチン接種をする人たちのためにもきちんと原因を調べて安全性を高めてほしいですね。

 木下雄介投手のご冥福をお祈り申し上げます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク