熊田陽子の夫はDV男で逮捕!作った食事を食べない証拠画像も【2021年5月21日】

 2021年5月21日に熊田陽子さんの夫がDVをして逮捕されたと報じられました。

 この報道を知った人たちからは、

  • インスタで投稿見てたから悲しい
  • 2年前くらいにインスタで心配な投稿あったけどその時からDVとかあったのかな
  • モラハラだったのは本当だったのか

 同月13日に迎えた誕生日では、家族に祝ってもらって幸せそうな投稿をしていた熊田陽子さんですが、一体何があったのでしょうか。

 そこで今回は熊田陽子さんの旦那さんについてや、いつから熊田さんにDVをしていたのかについて調べてみました。

スポンサーリンク

熊田陽子さんの夫が逮捕された!

 2021年5月21日に熊田陽子さんの夫が逮捕されたというニュースが報じられました。

事件が発生したのは、5月18日未明。熊田本人が、警視庁高輪署に「夫に平手で顔を殴られた」と110番した。夫は、駆けつけた警察官によって暴行の疑いで現行犯逮捕された。 「熊田は顔などに暴力を受けたと警察に訴えたそうですが、特に目立った外傷がなかった模様です。夫は20日に送検された後、すぐに釈放されました。これから在宅で捜査が続けられる模様です」(警視庁担当記者)

Yahoo!ニュースより

 今回の事件が起きた原因としては、熊田さんの交友関係を疑いトラブルとなっていたそうです。

 3人の女の子の親でもあり、ママタレとして活躍していた熊田さんに一体何があったのでしょうか。

 逮捕にいたるまでの夫の言動などを調べてみました。

スポンサーリンク

熊田陽子さんの夫はDV男でモラハラ気質だった!

 熊田陽子さんの夫は熊田さんにたいするDVが原因で逮捕されていますが、外傷がみられないこともあり要観察として釈放されました。

 熊田陽子さんの夫について調べてみると、少なくとも2018年ごろからは夫のモラハラなどに悩まされていたようです。

 そんな熊田陽子さんの夫とは一体どんな人なのでしょうか。

性格①熊田陽子の夫は生活に関わることを相談しない

 今回の逮捕報道とともに、熊田陽子さんが2018年4月26日に放送されたバラエティ番組「ダウンタウンなう」に出演した際に打ち明けていた悩みも明らかに出ていました。

 丸の内に出勤していると思っていたら、全然違う場所に夫が出勤していた。夫に尋ねると、会社を辞めて自分で仕事を始めたと言う。いまも夫の給料を把握しておらず、どうすれば年収を教えてもらえるのでしょうか

Yahoo!ニュースより

 ここから分かることは、

  • 妻の熊田陽子さんに相談もなく会社を辞めていた
  • 生活に関わる情報である給与の詳細を共有しない
  • 今の仕事は自営業(会社経営者)

 ということですが、夫婦として関係がいいと思われるエピソードではないですよね。

性格②妻・熊田陽子さんの手作りご飯を平気で残す【画像あり】

 2019年に熊田陽子さんがインスタのストーリーで流していた投稿から、頻繁に熊田さんの用意したご飯を残していたことがわかります。

Twitterより

 これでは朝から悲しい気持ちになるのも無理ありませんね。

 忙しくて食べれなかったという日もあるかもしれませんが、何日も続くと精神的にも辛いですね。

スポンサーリンク

熊田陽子さんと夫は離婚間近か

 今回、熊田陽子さんが目立った外傷がないにもかかわらず警察に通報したことや、メディアでも家族間のトラブルをよく話すようになったことから離婚に向かって準備を進めているのではないかとも言われています。

 また、離婚して幸せな道に進んで欲しいという声も多くありました。

DVはダメだよ。逮捕までされちゃったんだ。前々から、ご飯食べなかったり

言葉のD Vがあったもんね。離婚した方が良さそう。

Yahoo!ニュースコメントより

シングルになって、お子さんと熊田さんを大事にしてくれる人が、いつか現れます。大丈夫、自分を信じて幸せな道に行ったら良いかなと思います。

Yahoo!ニュースコメントより

 お子さんのこともあるので、簡単に離婚というわけにはいかないかもしれませんが、幸せになるみちへ進んで欲しいですね。

スポンサーリンク

最後に:熊田陽子の夫はDV男で逮捕!作った食事を食べない証拠画像も【2021年5月21日】

 今回は熊田陽子さんの夫がDVで現行犯逮捕されたことを受け、夫についての性格や世間の反応を紹介していきました。

 せっかく作ったご飯に手をつけないで残したり、家族に相談せず会社を辞めたりしているのをみると、今回のDVに限らず自己中心的な性格だということが伺えます。

 お子さんが3人いることや、仕事の兼ね合いなどさまざまな問題があると思いますが、熊田さんにはぜひ幸せな道を歩んで欲しいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク