乙骨憂太の声優を大胆予想!有力候補の3名を紹介【呪術廻戦0巻映画化】

 2021年3月27日に週刊少年ジャンプにて連載されているマンガ「呪術廻戦」の映画が2021年冬に公開することが決定しました。

 映画では、漫画「呪術廻戦」が連載される前に短期集中連載としてかかれた「呪術廻戦0巻」に収録されている”東京都立呪術高等専門学校”の内容が描かれるとされています。

 これを知ったファンの方々は、

  • 乙骨先輩が主役の話だ!声優さん誰になるんだろう
  • 乙骨くんの声優だれになるか気になる
  • 乙骨先輩の声優さん気になりすぎて想像しちゃう

 などと映画の主役として描かれるだろうキャラクター・乙骨憂太をだれが演じるのか気になるという方が多くいらっしゃいました。

 そこでどんな声優さんが予想されているのかまとめてみました。

スポンサーリンク

映画「呪術廻戦」の主役・乙骨憂太とは

 映画で描かれる部分の主役とされている乙骨憂太とは、そもそもどんなキャラクターなのかまとめてみました。

 ※すこしネタバレを含む内容なので、ネタバレしたくない方は次の章から読むことをおすすめします。

Yahoo!ニュースより
乙骨憂太プロフィール

年 齢:17歳
誕生日:3月7日
出身地:宮城県
特 技:ネリ消し作り
好きな食べ物:塩キャベツのごま油あえ
嫌いな食べ物:ステーキの脂身

・呪術高等専門学校2年生(アニメに登場する狗巻や真希と同学年)
・4人しかいない特級呪術師の1人(他の特級呪術師は五条悟、夏油傑、九十九由基)
・超大物術師の菅原道真の子孫

 これだけでもとても強い呪術師だということが分かりますね。

 ではこの乙骨憂太を演じる声優はいったいだれになるのでしょうか。

スポンサーリンク

【予想】乙骨憂太の声優はだれ?

 「呪術廻戦」の映画化が決定し、その映画の内容で主役とされる乙骨憂太を演じる声優はだれと予想されているのでしょうか。

 皆さんの予想をまとめてみました。

声優予想①小野賢章さん

 Twitterの意見では小野賢章さんという声が多い印象でした。

 小野賢章さんは映画「ハリー・ポッター」シリーズで主役のハリー役、アニメ「黒子のバスケ」で主役の黒子テツヤ役をした声優です。

 また「呪術廻戦」内で乙骨憂太の婚約者にあたる折本里香の役は、小野賢章さんの妻で声優の花澤香菜さんに演じてほしいという声も多く上がっていました。

声優予想②入野自由さん

 小野賢章さんと並び多くの支持があった印象の入野自由さん。

 漫画のおまけコーナーに出てきた”漢字読み方テスト”の問題にもなっていた事から、起用されるのではないかとおっしゃっている方もいらっしゃいました。

 入野自由さんはジブリ映画「千と千尋の神隠し」のハク役やアニメ「おそ松さん」の松野トド松役を演じられた声優です。

声優予想③花江夏樹さん

 上記2名と予想する声が圧倒的に多くいらっしゃいましたが、花江夏樹さんに演じてほしいという声も多くありました。

 花江夏樹さんはアニメ「鬼滅の刃」で主人公の竈門炭治郎を演じたことが記憶に新しいですが、アニメ「東京喰種」では主役の金木研役、アニメ「四月は君の嘘」の主役である有馬公生役も演じられている声優です。

スポンサーリンク

予想にあがるのは、すこし幼く優しい声が印象的な声優

 今回あげた小野賢章さん、入野自由さん、花江夏樹さん以外にもさまざまなかたが予想に上がっていましたが、皆さんに共通する点がありました。

 それは、すこし幼い声で優しい印象を受ける声を持っていることです。

 はじめにみた乙骨憂太の印象はとても強いというものでしたが、キャラクターの性格や見た目から考えると、心優しい印象があうキャラクターなのですね。

スポンサーリンク

「呪術廻戦」映画化決定に歓喜の声

 2021年3月26日の深夜に放送されたアニメ「呪術廻戦」の最終話放送後に映画化が発表されました。

 映画化を知ったファンからは歓喜の声が上がっています。

 今回の話はアニメの続きではなく、短期集中連載として本編連載前に描かれたショートストーリーなので映画のみでも楽しめる内容になっていることも魅力的のようです。

スポンサーリンク

まとめ:【予想】乙骨憂太の声優は誰?呪術廻戦0巻映画化決定に歓喜の声

 今回は週刊少年ジャンプに連載されている「呪術廻戦」が映画化するにあたって、映画の主役となるキャラクター・乙骨憂太を演じる声優の予想をまとめてみました。

 アニメ化もしている「呪術廻戦」は人気も高く、今回の映画化も多くの人が楽しみにしています。

 乙骨憂太の声優予想が当たるのかどうかも楽しみですね。

 映画の公開は2021年冬とされているので、それまでに原作を読んで予習をしてみるのもいいかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク