【ロイくん】トロンボーンの実力がすごい!高校時代には優勝の実績も

 最近は初耳学やおバカかわいい映像バトルなどのバラエティ番組で身体をはる姿をよく見るようになりました。

 何に対しても前向きな姿が視聴者の心をつかみ、ファンも多くいらっしゃいます。

 そんなロイくんですが、実はトロンボーンがとっても上手なんです。10年間トロンボーンをやっていて高校では吹奏楽部に所属していたそうです。

 今回は、ロイくんのトロンボーンの実力や高校での実績を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ロイくんのトロンボーンの実力

 ロイくんは「アンタッチャブルのおバカかわいい映像バトル」にて、初めてテレビでトロンボーンを披露し話題になりました。

 また、ロイくんはディズニーのYouTube公式チャンネルにてトロンボーンを披露しているんです!実力重視のディズニーにて披露できるなんてすごいですよね。

ディズニー公式チャンネルより

 一瞬ですが、この動画の1分57秒あたりからロイくんの演奏を聴くことができます。ワンフレーズですが、とてものびやかで、キレがいいことが分かります。

https://twitter.com/royroy_666/status/1289421607027355648?s=20

 もう少しながく聴きたい方は、こちらの映像を見てみてください。よりロイくんの実力がわかると思います!

スポンサーリンク

ロイくんの高校時代の実績

ロイくんは強豪「埼玉栄高校」の吹奏楽部に所属していた

 埼玉栄高校は埼玉県にある私立の学校で、吹奏楽部はコンクールで何度も金賞、銀賞を取得している強豪校です。

 部活は、コンクール前にコンクールメンバーのオーディションがあったり、コンクールがあればテスト期間関係なく朝から放課後まで練習したりとハードな印象です。

 そんな中、ロイくんはコンクールメンバーになっていたのでしょうか。

ロイくんはコンクールのメンバーとして活動していた

 ロイくんは高校生になる前からトロンボーンをやっていたため、所属したときにはすでに実力があったのでしょう。

埼玉栄×歌劇「トスカ」YouTubeより

 こちらの画像は埼玉栄高校が「トスカ」を演奏した際のものです。20人程度の演奏ですがちゃんとメンバー入りをしているため、埼玉栄高校の中でも実力がある方だったのだと思います。

 ロイくんは中高6年間吹奏楽部に所属していて、コンサートマスターを務めた実績もあるそうです。

 ではロイくんが所属していた時代の埼玉栄高校の実力はどうだったのでしょうか。

ロイくんが所属していた時代の実績

 ロイくんは2018年4月に大学に入学しているので、高校には2015年4月〜2018年3月の3年間在籍されていたと思われます

 ではこの3年間のコンクールの実績はどうだったのでしょうか。コンクールの実績は次の通りです。コンクールは秋に行われるため2015年から2017年の実績を紹介します。

2015年:第63回全日本吹奏楽部コンクール高校Aの部

    歌劇「アンドレア・シェニエ」金賞

2016年:第64回全日本吹奏楽部コンクール高校Aの部

    歌劇「つばめ」銀賞

2017年:第65回全日本吹奏楽部コンクール高校Aの部

    歌劇「トスカ」銀賞

 どの年も入賞していて、しかも金賞か銀賞なんて素晴らしい実力ですよね。最後の年も銀賞だったので、3年生だったロイくんは悔しい思いをしたのではないでしょうか。

 いずれにせよ、厳しい部活でコンクールのレギュラーメンバーとして、活動をしていたなんてメンタル的にもすばらしいですよね。

スポンサーリンク

さいごに

 今回はバラエティやSNSでインフルエンサーとして活躍しているモデルのロイくんの、トロンボーンの実力について紹介させていただきました。

 バラエティでも前向きで明るく、ミラクルを起こすロイくんですが、トロンボーンの実力もあったなんて多彩ですね。

 埼玉栄高校の吹奏楽部できたえ上げられたメンタルで、これからも芸能活動を頑張ってほしいです。

 これからの活躍に注目ですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク