【爆笑!ターンテーブル】さくらまやの替え歌が話題!不安げで過去を暴露

 10/27(火)に放送された「爆笑!ターンテーブル」で話題になった、さくらまやさん。いま話題の鬼滅の刃OPで話題の「紅蓮華」の替え歌で「不安げ」という替え歌を歌いました。

 今回はその曲の内容をまとめて見ました!

スポンサーリンク

歌詞の内容子役の頃にためたお金で家を買った1ヶ月後に事務所解雇

字面だけでも苦労したのがわかりますね。22歳でローンを組んで、事務所を解雇。

まだ2回しかローンを払っていないそうで、月末が来るのが怖いと歌っていました。

大人を信じて、無職になってしまったさくらまやさんが本音をぶちまけました。

スポンサーリンク

歌詞の内容②さくらまやは本当はアニソンが歌いたかった

 子供の頃、「おばあちゃんのために紅白に出たい」と言っていたさくらまやさん。

 今回の替え歌でなんと、そんなもん全部ウソ!と大声で歌い、本当はアニソンが歌いたかったとおっしゃっていました。

個人事務所で今は仕事を頑張っているそうです。

スポンサーリンク

不安げ」歌詞(紅蓮華のメロディ)

今年7月家を買った だけど8月無職に

22歳で建てた演歌御殿 ローン地獄

まだ2回しか払ってない 月末怖い

払っていけるのは自分自身だけ それだけさ

大人を信じて今無職 だから本音を言うよ

演歌なんて 歌いたくない! アニソン歌いたい

「おばあちゃんのため紅白でたい」

そんなもん全部ウソ

個人事務所よ 立ち上がれ!

お仕事ちょうだい

スポンサーリンク

さいごに

 子供時代は生意気そうといわれ、あまり好印象なコメントがありませんでした。しかしこの曲を聞いた視聴者の方は、「暴露しすぎ!」「2020年のさくらまやは推せる!」と印象がガラッと変わりました。

 今後のさくらまやさんに注目ですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク