【土佐兄弟】撮影場所の学校はどこ?弟・有輝の母校で撮影していた!

 TikTokやインスタで話題になっている土佐兄弟は、いまテレビ出演など活躍の場を広げています。特に土佐兄弟の弟・有輝さんは高校生や教師を演じている学園あるあるネタで話題になっています。

 ネタの撮影では実際の学校の教室を使っていて、とてもリアルなネタが話題になっています。しかし、撮影場所はどこなのでしょうか。

 土佐兄弟の撮影場所やネタを調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

学園あるあるネタの撮影場所は母校!

 有輝さんがネタを撮影している場所は、セットではなく実際の学校です。とてもきれいな教室でどこか気になりますよね。

その撮影場所は、なんと土佐有輝さんの母校!ネタにも出てくる個性的な先生のモデルになった先生が、ご好意で貸してくれているとのことです。

では、有輝さんの母校はどこなんでしょうか。

スポンサーリンク

輝さんの母校は専修大学附属高校

 調べたところ、土佐兄弟のお兄さん・卓也さんのツイートで「専修大学附属高校」ということがわかりました。

 卒業生のために学校を貸してくれるなんて、生徒思いの先生がいらっしゃる学校なんですね。偏差値もたかく、学校のHPを見ると校舎が明るくて、国際関係の繋がりもあり、グローバルな学校という印象でした。

スポンサーリンク

母校が撮影場所になったのは土佐有輝さんの母校愛も関係している?

 ネタでは高校生活を経験したことがある人は共感間違いなしのネタを短い動画にして投稿しています。高校生ゆうきだけでなく、個性的な先生たちも出てきます。

 見ていて共感できる部分が多いですよね。高校生ゆうきは、自分の高校時代に実際にあったことをネタにしているからなんです!

 高校生ゆうきの部活を自分が所属していたサッカー部にしたり、実際にいた先生をモデルにしたキャラクターをネタにしたりなんて愛着がないとできないですよね。

 また先生からのお誘いも高校時代が楽しくなければ受けないと思うので、楽しい思い出の詰まった母校なのかなと私は思いました。

 もう高校生には戻れない私も、土佐兄弟の学園あるあるネタを見ていると、専修大学附属高校に通ってみたくなっちゃうくらいです。

創立90周年のイベントに参加した時もとても嬉しそうにしていました。

スポンサーリンク

2020年の自粛中には自宅に教室を作成!?

 2020年は新型コロナウイルスが流行して、学校も休校となりました。さすがにその時は母校での撮影もできなくなってしまいました。

 では、どこで撮影したのでしょうか。

 学校の雰囲気を出して撮影を続けたいという思いから、なんと、実家の一室をミニチュア教室にしたそうです!時計、黒板や机セットなど総額15,000円で作り上げたそうです。

 時間割などの小道具も凝っていて、サブスクの動画ではじゅうぶんすぎるセットですね。

 家で撮影していた時は、シチュエーションを学校だけでなく「自宅に友達がきたとき」や「自宅でテスト勉強をするとき」など学生あるあるの自宅バージョンもあげていて、新鮮な高校生・ゆうきの姿を見ることができました。

 自粛期間中もなんとかして楽しませようとしてくれる姿勢も話題になっている魅力のひとつかもしれませんね。

スポンサーリンク

さいごに

 今回はTikTokやインスタグラムで話題の土佐兄弟の弟・有輝さんの学園あるあるネタにつて、撮影場所や高校生ゆうきについて紹介させていただきました。

 母校を貸してもらえるなんて、わたしは有輝さんが、人に好かれる性格なのは間違いないと思いました。

 最近のネタは話題の「香水」を高校生バージョンで歌うなど、流行りのものを取り入れて親近感がわく内容を続々とアップしています。

テレビ出演の機会も増えてきたので、今後の活躍にも注目です!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク