【やっぱりステーキ】テイクアウトやメニュー、口コミ紹介!安さの秘訣は肉の部位!

 坂上&指原のつぶれない店で紹介された「やっぱりステーキ」は、安いにもかかわらず試食された歌舞伎役者の右近さんや、指原さんも1,000円で食べれることに感動していました。

 今回は、そんな「やっぱりステーキ」のテイクアウト方法やメニュー、口コミを紹介します。

スポンサーリンク

「やっぱりステーキ」テイクアウト方法は?

 「やっぱりステーキ」では、店舗先での注文、または各店舗に電話をして注文するとお弁当をテイクアウトすることができます。

 店舗で1,000円ステーキを食べた時についてくる「スープ」や「サラダ」もついてくるお弁当もテイクアウトできます。

各店舗の電話番号はこちらから

 それでは詳しテイクアウトのメニューを見ていきましょう。

スポンサーリンク

「やっぱりステーキ」テイクアウトのメニューは?

やっぱりステーキ公式Facebookより

 お店によって取り扱っているメニューがことなる場合があるそうです。そのため、上記のメニューをみて電話で注文した方が、スムーズに頼めると思います。

 上記でも少し記載しましたが、画像内にあるメニュー全てに「スープ」と「サラダ」がついていきます。この写真を見るとボリューミーですよね!

 実際のところはどうなのでしょうか。

スポンサーリンク

「やっぱりステーキ」テイクアウトの口コミは?

 メニューの写真だととてもボリューミーで美味しいですよね。実際はどうなのでしょうか。口コミを調べてみました。

京橋経済新聞「やっぱりステーキ」記事より

 こちらはやっぱりステーキ180gのテイクアウト弁当の写真です。これにスープがついて1,000円なら安いですね。

 お店によってお弁当の形は異なるようですが、味はどれも美味しいそうです。写真を見ているだけで、よだれが出てきそうですね。

 絶賛の味にも関わらず、安いのはなぜなのでしょうか。

スポンサーリンク

「やっぱりステーキ」やすさの秘訣はお肉の部位!

 やっぱりステーキでは「ミスジ」という部分を使っています。「ミスジ」は肩甲骨の内側に位置している部位で、あまり動かないため、とてもやわらかいお肉なんです。

 ”ステーキは硬い”というイメージが定着しているいま、柔らかいお肉を使うことで他のステーキ屋さんとの差別化ができているそう。

 お肉は米政府の格付けで2番目に高い「USチョイスグレード」のものを使用しています

 また、店舗ではサラダやスープ、ご飯などをセルフサービスにすることで、人件費も削減しているんですね。

どんなお肉を使っているかわかると、安くても安心ですよね。

スポンサーリンク

さいごに

 今回は坂上&指原のつぶれない店で紹介された「やっぱりステーキ」のテイクアウト方法や値段、口コミ、やすさの秘訣を紹介しました。

 お店が空いていれば電話で注文してから、10分ほどで完成するそうです。急いでいるときはありがたいですよね。

 また、「やっぱりステーキ」で使用されている”ミスジ”という部位は、一頭から取れる量は少ないようです。その貴重な柔らかいお肉が、満足のいく量を1,000円で食べれるなんて安いですよね。

 近くにお店がある方はぜひ注文してみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク